教育・学生生活

学生寮

学生寮(黒野寮)

2019kuronoryo-1.png
黒野寮

 黒野寮は,本学唯一の学生寮として大学の統合移転に伴い1981(昭和56)年10 月に開寮(一部)した新規格寮です。
 寮の建物は大学構内(北東)の一角にあり,管理棟も含め5棟に分かれています。このうち3 棟が男子寮,1棟が女子寮となっています。建物の形は,管理棟を中心に左右に翼を広げたようになっており,管理棟と各棟が開示方式の渡り廊下で結ばれています。
 本学は1984(昭和59)年に医学部を除く各学部等が現在の柳戸地区に統合移転しましたが,これに伴って,各地区に分散していた学生寮を統合して現在地に建設したのが本寮です。
 ちなみに,この寮名は大学が統合移転した柳戸地区の周辺地域が黒野であることから,この名称が付けられました。

所在地等

所在地:〒501-1193 岐阜市柳戸1番1(構内北東奥)  建物面積: 5,043 ㎡
構造: R1(管理棟),R5(居住棟)          開寮: 1981(昭和56)年10月1日

黒野寮の特徴

 この寮の居室がすべて個室になっているため,適度にプライバシーが保たれる反面,寮生個人が自分の殻に閉じこもってしまうことも考えられるので,集団(寮)生活のメリットとして数室の居室ごとにリビングルームを設けることにより,寮という日常生活を営む場における団体生活を通じて社会性を身に付け,学生相互の人間的交流による人格形成を行うという面が薄れないように配慮されています。1室の共有リビングルームを5つの居室が囲むように設計したいわゆるクラスター方式を採用したことが大きな特徴になっています。

入寮許可対象・許可基準

【対象】:学部生正規生
【基準】:以下のいずれかに該当する必要があります。
     ・大学の半径80km 以上の地域に在住すること
     ・通学に片道2時間以上を要すること
     ・通学定期(1か月)の額が2万円を超えること
     ・身体障害のため通学に支障があること
     ・その他特別な事情があること
【在寮期間】:新入生にあってはその者の所属する学部の修業年限とし,新入学生以外の学生にあっては
      修業年限残存期間

経費

入寮時に預託金として20,000 円振込いただき,退寮時に光熱水料等を精算して残額をお返しします。毎月の寄宿料金等は3 か月分を預金口座の自動振替(自動引落)により納付いただきます。

寄宿料4,300 円
共益費2,200 円
光熱水料5,000 円
合計(毎月)11,500 円
(令和3年4月1日現在)

施設等

A棟(男)B棟(男)C棟(男)D棟(女)E棟(管理)
延面積1,660 ㎡830 ㎡830 ㎡1,255 ㎡468 ㎡5,043 ㎡
建面積332 ㎡166 ㎡166 ㎡251 ㎡468 ㎡1,383 ㎡
建設年度S55S55S58S58S55,58-
定員100 人50 人50 人75 人- 275 人

 例年,入寮を希望する学生が相当数になるため,新入生(大学院新入生の募集は行いません)を対象に入寮者を選考しています。(詳細については,「合格通知書」に同封の「入学手続案内」をご覧ください。)
 年度途中に欠員が生じた場合は,学務部 学生支援課の掲示通知により追加募集しますので,希望者は担当窓口に問い合わせてください。
 詳細については,【関連ファイル】黒野寮概要をご覧ください。

問合せ先:

学務部 学生支援課 TEL:058-293-3198, 2161

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク