教育・学生生活

岐阜大学が育成する基盤的能力

 岐阜大学は「学び,究め,貢献する」,地域に根ざした国立大学を目指して,「人材養成を最優先事項として位置付け,質・量ともに充実した教育を行い,豊かな教養と確かな専門的知識・技能,広い視野と総合的な判断力,優れたコミュニケーション能力に加え,自立性と国際性を備えた高度な専門職業人を幅広い分野で養成し,社会に輩出する」ことを教育の目標としています。
 この実現のため,「社会で生涯にわたって高度な専門職業人として活躍するために必要な,総合的な判断力や優れたコミュニケーション能力等の基盤的能力と専門的能力を自立的に学習する教育を実現する」ことを中期目標としています。


 このような理念・目標のもとに,岐阜大学の学生として共通して身につけて欲しい力,すなわち基盤的能力を明らかにしました。基盤的能力は,「考える力」「伝える力」「進める力」の3つの力からなり,3つの力はさらにそれぞれが3つの要素に分けられ,合わせて9つの要素からなります。これら3つの力を培うことにより,各学部の教育目標に掲げている「豊かな人間性」の形成が促進されることになります。

 「考える力」は総合的判断力であり,課題発見力,創造的思考力,論理的思考力に分けられます。「伝える力」はコミュニケーション力であり,発信力,傾聴力,状況把握力に分けられます。「進める力」は自立的行動力であり,実行力,計画力,管理力からなります。
 基盤的能力を培うための特別な授業があるわけではありません。学生は,教養教育および専門教育を含めた学士課程教育全体の中でこれらの力を身につけていきます。教員は,普段の授業が基盤的能力のどの要素を育むのに適切か,基盤的能力を伸ばすためにはどのような授業を展開すればよいかを考え,最善を尽くします。学生は基盤的能力を,正課の授業はもちろんのこと,サークルなど課外活動においてもこれらの力を醸成することができることを理解し,努力してください。

 岐阜大学の学士課程教育において身につける「学士力」は,「基盤的能力」と「専門的能力」の総合であり,岐阜大学はこのような学士力を備えた人材を輩出していきます。これらの力を培って卒業する学生は,社会の荒波に揉まれても逞しく生きて行くことができる基盤的な力を身につけているものと期待されます。

教学・附属学校担当理事 副学長 江馬 諭

【関連ファイルダウンロード】

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク