大学案内

次世代育成支援行動計画の策定

 岐阜大学では,次世代育成支援対策推進法に基づき,教職員の仕事と子育ての両立を図るための雇用環境の整備や,子育てをしていない教職員をも含めた多様な労働条件の整備などに取り組むに当たって,下記のとおり行動計画を策定し,積極的に取り組んでいます。

※ 本学の行動計画の骨子は次のとおりです。

趣旨

 次世代育成支援対策推進法は,次代の社会を担う子どもが健やかに生まれ,かつ,育成される社会の形成に資することを目的としている。
 この法律に基づき,職員が仕事と子育てを両立させることができ,職員全員が働きやすい環境をつくることによって,全ての職員がその能力を十分に発揮できることを目指し次のように行動計画を策定する。

計画期間

平成28年4月1日から平成33年3月31日までの5年間とする。

計画の見直し

計画の周知

行動計画の具体的内容

  • 【目標1】  意識啓発、相談窓口の充実等
  • 【目標2】  育児休業等を取得しやすい環境の整備及び促進
  • 【目標3】  学内託児施設の充実
  • 【目標4】  超過勤務の削減
  • 【目標5】  年次有給休暇の取得促進

【関連ファイルダウンロード】

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク