大学案内

岐阜大学の理念と目標

学び、究め、貢献する岐阜大学

平成18年6月制定
平成22年4月改定
平成28年4月改定

理念

 岐阜の地は,清流の国と称される豊かな自然に恵まれ,東西文化が接触する地理的条件や歴史的な背景による多様な文化と技術を創造し,伝承してきた。岐阜大学は,岐阜の地のこのような特性を継承するとともに,「人が育つ場所」という風土の中で「学び,究め,貢献する」人材を社会に提供する。そして法人自体も「学び,究め,貢献する」地域にとけこむ大学であるべきことを理念とする。
 岐阜大学は,全ての学部・研究科が1つのキャンパスにある特徴を教育・研究の両面に活かし,特に,高度な専門職業人の養成に主眼を置いた教育,教育の基盤としての質の高い研究,地域に根ざした国際化を展開する。さらに,これらの成果を地域還元することなどにより,地域社会の活性化の中核的拠点として,地方創生の一翼を担う。

目標

1.教育

 岐阜大学は,学生の主体的な学びを推進し,教育の質保証システムを充実させ,高度な専門職業人の養成と地域単位でのTeach for Communities を実現する。理工系の大学院修士課程に,デザイン思考の教育を導入し,リベラルアーツに関する共通教育を重点的に行うことによってイノベーションを支える人材の養成を強く進める。また,国際水準の医学教育開発の推進などに重点的に取り組む。

2.研究

 岐阜大学は,教育の基盤としての質の高い研究活動をそれぞれの分野で着実に実践する。その中でも本学の強みである生命科学分野,環境科学分野,ものづくり分野における岐阜大学の独創的な研究領域の先進的研究拠点形成を目指し,その成果を社会に還元する。

3.国際化

 岐阜大学は,地域に根ざした国際化と成果の地域還元によってグローカル化を実現する。多文化共生型による国際教養コースの設置,日本人学生と留学生の混在型教育の充実,留学生の組織化や就職支援の充実など,国際化につながる施策を推進する。

4.社会貢献

 岐阜大学は,地域志向を重視した教育,研究を実践し,国際化を推進することにより地域社会を支える。特に「地」×「知」の拠点(COC)整備事業は,県内外の他大学,自治体,地元企業等との連携を拡大したCOCコンソーシアムを形成することにより,地方創生推進事業への取り組みを一層量的に増大,質的に深化させる。また,大学病院を中心とした地域における高度医療拠点機能のさらなる充実,岐阜県と連携した地域社会への貢献事業を推進する。

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク