学部・大学院

医学部


医学部

 岐阜大学医学部は,地域と世界に貢献できる良い医師,良い看護師と優れた医学研究者の育成に全力を注いでいます。医学部の使命は,教育,研究,臨床の3本柱です。

 このうち教育は,優れた研究者と高度な臨床によって裏打ちされます。そのような研究と臨床に成果をあげている数多くの教員スタッフにより医学教育,看護学教育が行われています。本学医学部の教育は,全国的にも極めて特徴的な大きな柱が2つあります。1つは全国に先駆け進められているテュトーリアル医学教育です。これは自学自習の問題解決型教育で自ら問題点をとりあげ,自ら解決するというシステムです。もう1つは臨床実習におけるクリニカル・クラークシップです。これは,主治医の一員という立場で臨床実習するという極めて実践的な方法です。いずれも単なる学習や見学ではなく参加型教育体系です。看護学科でも実践的教育が精力的になされています。

医学科 学科目 人体構造学,神経構造機能学,生命分子・生体機能学,病原体学,薬理中毒学,病理学,地域・産業保健学,循環器・呼吸器・尿路学,消化器・検査医学・血液腫瘍学,内分泌代謝学,神経・精神・行動学・医師患者関係,成育,生命倫理・法医学,臨床遺伝・臨床倫理,皮膚科学,免疫応答学,感覚器医学,運動器学,麻酔疼痛制御・救急災害医学,放射線治療・画像診断
看護学科 講 座 基礎看護学,母子看護学,成人・老年看護学,地域・精神看護学
  附属施設 附属病院,附属地域医療医学センター

学 科

医学科

 医学科では,将来それぞれ医療・保健及び医学分野に貢献し,医学の発展や地域医療などに寄与することができる人間性豊かで倫理観に富む良き医師,想像力豊かな医学研究者育成を医学教育の基本概念としています。本学科ではテュトーリアル教育を主体とした少人数教育を取り入れて共用試験(CBT)と客観的臨床試験制度(OSCE)を受験し,5年次ではクリニカル・クラークシップ型臨床実習を実施して資質の高い医学専門教育に取り組み,患者の立場に立った医療人,地域と世界で活躍できる人材育成を目指しています。

看護学科

 看護学教育課程は,講義・演習に主体的学習方法を導入し,臨地看護学実習を実施して看護実践能力の高い人材育成を重点にしたカリキュラムを実施しています。特に臨床・地域医療に向けて看護従事者の役割は今後益々大切なものとなり,日々進歩する知識や技術を習得・発展させるとともに,地域に即した保健医療活動の中心的役割を果たすことのできる看護職の育成を目指しています。

教育内容

学べる授業科目(抜粋) シラバス
テュトーリアル教育を基盤とした主体的学習が特徴です。 医学部シラバス(講義情報検索)へリンクしています。(別ウィンドウで開きます)
取得可能免許・資格 卒業後の進路・活動分野
看護学科で養護教諭免許状の取得が可能になりました。 優れた医療従事者として全国で活躍しています。
教員紹介  
教員検索ページへリンクしています(別ウィンドウで開きます)  

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク