学部・大学院

連合創薬医療情報研究科

連合創薬医療情報研究科

 「創薬」をキーワードとし,「医療情報」による解析を通して,工学・薬科学・医科学など横断的な研究を展開します。

 本研究科は,多様化する国家的課題や社会ニーズにフレキシブルに対応できる人材を養成するため,創薬をテーマとし,それを取り巻く医療情報を媒体とした教育研究体系を確立することを設置理念とします。具体的には,創薬というテーマの下に岐阜大学と岐阜薬科大学及び連携機関が連合・連携し,異なる専門分野の教員による連合組織を編成することにより,相互の優れた研究業績や知識,情報の共有を基盤とする教育体系を構築します。これにより,国際的にも水準の高い先端的な生体分子化学,生体制御,生体応答,生物学的創薬,薬効情報,患者情報などを基盤とする創薬科学及び医療情報学を中心とする教育研究を展開し,高度な専門性と先見性,柔軟な発想を有する最先端な領域で活躍できる人材の育成を目指すとともに,創薬医療情報に関わる研究成果を蓄積し,それらを発信します。

博士課程 創薬科学専攻 領域 生命分子科学研究,システム生命工学研究
医療情報学専攻 生命情報研究,生体制御研究

研究科の組織

専 攻

創薬科学専攻

 近年,急速に新興している新型感染症や生活習慣病への対応や予防医学などの国家的課題に対応するためには,ゲノム科学や構造生物学の進展に伴い蓄積された遺伝子及びタンパク質の構造と機能に関する膨大な情報を基盤とした体系的な創薬領域に関わる教育研究が必要です。このため,従来の化学的手法に加えて,ヒトゲノム情報や構造生物学などを活用し,生物学的・遺伝学的手法による創薬の基盤的な教育研究及び分子・細胞レベルまでの機能解析による現代疾病の診断法などの開発に関する教育研究を行います。
 これにより,製薬・バイオ関連企業で創薬研究に携わる技術者並びに大学や研究機関で創薬研究に携わる創薬研究者を養成します。

医療情報学専攻

 医薬品に関係する事故や副作用の問題,さらに社会的ニーズの高く研究途上である個別化医療といった課題に対応できる人材の養成は急務です。このため多岐に亘る研究領域に横断的に,かつ新規研究領域の創設を必要とする個別化医療・予防医療に必要となる膨大かつ患者毎の詳細な臨床情報を解析する手法・技術の教育研究及び医薬品の生体応答や病態制御の解析・評価に関する教育研究を行います。これにより,個別化医療,健康科学など最先端の医療技術の現実化に向けた研究手法等を習得した高度医療専門スタッフ並びに食品,化粧品などの関連企業や大学,行政機関で薬品の検証に携わる技術者及び研究者を養成します。

教育内容

 シラバス  教員紹介
Webシラバス(講義情報検索)へリンクしています。(別ウィンドウで開きます) 教員名簿ページへリンクしています


アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク