入試案内

アドミッション・ポリシー(大学院)

大学院の入学者受入方針

 岐阜大学大学院は,自然豊かな1つのキャンパスで,幅広い分野において「学び,究め,貢献する」人材を育てます。大学院での学修と研究に必要な基礎的専門知識と技能を備えており,次のような人の入学を期待しています。

   1. 知的好奇心にあふれ,自ら研究を行う意欲のある人
   2. 総合的かつ論理的にものごとを考えることができる人
   3. 広い教養と高い倫理観をもち,研究における社会的責任を認識している人
   4. これからの地域や国際社会でリーダーとして活躍したい人

 上記の学力や意欲などを有する学生を選抜するために,各研究科において,それぞれのディプロマ・ポリシーやカリキュラム・ポリシーを踏まえ,学力試験や小論文試験などにより,受験者を多面的・総合的に評価する大学院入試を実施します。詳しくは,各研究科のアドミッション・ポリシーや学生募集要項をご覧ください。

教育学研究科

教育目標

 本研究科は,社会の多様な要請に応えられる高度な専門的知識と教育実践能力を兼ね備え,地域の教育を中心となって担っていく教育専門職および教育関係者を養成・再教育していきます。

求める学生像

 本研究科は,学校教育に深い関心があり,学部等で培った基礎的な教育に関する理論と実践能力を基礎とし,学術理論と教育との関係について探究しようとする人,ならびに,教科の背景となる専門領域の学問を深めることに意欲をもつ人を求めます。
 さらに,教職大学院では,学校現場の実践や開発に即戦力として貢献する高度な教育専門職を養成します。学校管理職養成コースは,自律的および協働的な学校運営を推進できるマネジメント力を身につけたい現職教員を求めます。また,教育実践開発コースは,授業開発,教育臨床,特別支援教育に関する高度な課題解決力を身につけたい現職教員や,学校で活躍できる応用力を求める学部生を求めます。

入学者選抜の基本方針

A 入試(一般選抜)

 筆記試験等、口述試験及び成績証明書により、専門的知識や意欲などを評価し、その結果を総合して合否を判定します。配点は、学生募集要項を参照してください。

B 入試(現職教員等選抜)

 教育実践論文・記録、その他教育実践がはかり得る諸書類、筆記試験等、口述試験及び成績証明書により、専門的知識や意欲などを評価し、その結果を総合して合否を判定します。配点は、学生募集要項を参照してください。

C 入試(派遣・推薦教員選抜)

 教育実践論文・記録、その他教育実践がはかり得る諸書類、小論文(教職実践開発専攻のみ)、口述試験及び成績証明書により、専門的知識や意欲などを評価し、その結果を総合して合否を判定します。配点は、学生募集要項を参照してください。

先頭に戻る

地域科学研究科

教育理念・目標

 深い専門性と実践的で創造性豊かな政策的能力を有し、持続可能な地域社会の形成に寄与できる人材、社会と人間のあり方に関する深い知見を有し、新たな地域社会の基盤の形成に寄与する人材の育成が本研究科の教育目標です。この目標のために「地域政策専攻」は、経済・行政・自然環境の諸学問分野を中心に広く学びながら、生態系と調和した循環型地域社会について専門的に掘り下げることのできる人材の育成を目指します。「地域文化専攻」は、社会生活や人間文化に関する諸学問を中心に広く学びながら、新たな人間社会とそれに照合した人間のあり方を専門的に掘り下げることのできる人材の育成を目指します。

求める学生像

 新しい社会生活・生活環境のあり方を探究して問題を発見し、それを総合的な視点から解決しようとする意欲を持つ人、専門分野の高い知識に加えて、複合的な視野と豊かな学術的知見を追求しようとする人を望んでいます。
・自治体の政策立案担当・商工会議所等団体の政策担当で活躍しようとしている人
・地域調査関連の企業・研究機関の研究員や企業の企画調査担当者として活躍しようとしている人
・福祉団体の専門職員や自治体等の文化政策担当者として活躍しようとしている人
・町づくり等の地域活動組織者として活躍しようとしている人
・さらに高度の知見と専門性の獲得のために博士課程進学や海外研究留学を目指そうとする人
・国際的に、さまざまな国や地域でその調和ある発展、振興に貢献しようとする人

入学者選抜の基本方針

一般入試(A区分)

 筆記試験(外国語・専門)及び面接により専門分野の知識と意欲などを評価し、その結果を総合して合否を判定します。配点は、学生募集要項を参照してください。

一般入試(B区分)

 筆記試験(専門)及び面接により専門分野の知識と意欲などを評価し、その結果を総合して合否を判定します。配点は、学生募集要項を参照してください。

社会人特別入試

 小論文及び面接(研究志望調書及び研究計画書に基づく口述試験を含む)により専門分野の知識と意欲などを評価し、その結果を総合して合否を判定します。配点は、学生募集要項を参照してください。

外国人留学生特別入試

 小論文及び面接(研究志望調書及び研究計画書に基づく口述試験を含む)により専門分野の知識と意欲などを評価し、その結果を総合して合否を判定します。配点は、学生募集要項を参照してください。

先頭に戻る

医学系研究科(医科学専攻)

教育目標

 医科学専攻では,医学研究と医療における国際的通用性の高い人材養成システムの確立,研究成果の地域並びに国際社会への発信と展開及び生命医科学研究の臨床医学への応用等を達成し,高度先進医学・医療の発展という社会のニーズを実現するための教育研究体制の確立を目標としています。
 それにより高度で先端的・学際的・創造的研究を推進し,将来の医学を担うリーダーとなるべき優れた生命医科学研究者・臨床医学研究者・生命医科学教育者及び高度な医学的素養を身に付けた臨床医並びに急速に発展している現代医療に対応できる医療行政専門家を養成します。

求める学生像

1.本専攻の教育理念,教育目標に向けた確固たる目的意識をもち,
2.その分野の研究をする上で必要な幅広い基礎学力を備え,
3.課題探究心と柔軟な発想に長け,
4.これからの地域や国際社会でリーダーとして活躍し,医科学に貢献できる実行力があり,
5.倫理観に裏打ちされた研究ができる,
 学生が入学することを期待します。

入学者選抜の基本方針

 外国語(英語),専門科目(口述試験)及び出願書類等により目的意識や基礎学力,研究遂行力などを評価し,総合的に合否を判定します。配点は,学生募集要項を参照ください。

先頭に戻る

医学系研究科(医療者教育学専攻)

教育目標

 医療者教育学専攻では、グローバルな視野をもちつつ、ローカルな視点から、医療の質向上に寄与する医療者教育を展開し先導するため、多職種の人材と連携し、医療者教育を設計・実践・改善・発信できる能力のあるリーダーの育成を目指します。

求める学生像

・ 医療者教育のオピニオンリーダーになる意欲があり、
・ 医療者教育の教育実践、評価、プログラム開発を含む様々な実務経験があり、
・ 創造的・協働的・自己主導的であり、医療・教育機関で働きながら継続的に学べ、
・ 医療者教育のグローバルな動向への関心があり、
・ 医育機関の教職員・医療機関の医療従事者、ないしその専門分野で教育的役割を担う役割に就くことが
  期待される、
学生が入学することを期待します。

先頭に戻る

医学系研究科(看護学専攻)

教育目的

 看護学専攻では,研究能力・教育能力・マネジメント能力および統合する力を備え,臨床や地域,教育現場においてリーダー的な役割を担うことができる看護専門職の育成を目的にしています。看護を実践していく中での明確な疑問や課題をもち,以下の資質・能力のある院生を求めます。

求める学生像

関心・意欲
 ・看護研究への関心が高く、真摯な態度で自主的に研究を行おうとする意欲を有する人
知識・教養
 ・大学院での学修及び研究に必要な基礎的知識と看護の専門的知識を備えている人
理解力
 ・得た情報を整理して、正しく理解できる人
思考力
 ・確かな看護の専門的知識に基づき、総合的かつ論理的に考えられる人
課題発見力
 ・看護実践又は教育の場面における疑問に気付き、それを追求していける人
一般常識
 ・広い教養と社会人としての常識をもち、社会的責任を認識している人

入学者選抜の基本方針

 専門科目及び外国語(英語)の筆記試験並びに面接により、看護研究への関心・意欲や大学院での学修及び研究に必要な知識、教養、理解力、課題発見力、論理的思考力について評価します。配点は、学生募集要項を参照ください。

先頭に戻る

工学研究科

教育理念・目標

 工学研究科は、新たな科学技術におけるイノベーションを創成できる研究者,社会で即戦力として活躍できる技術者として,関連する幅広い工学専門領域の高度な専門性を有し,デザイン思考能力,マネジメント能力,コミュニケーション能力,交渉能力,グローバル展開能力に優れたリーダーの養成を目指します。

求める学生像

専門分野の専攻の教育研究の成果をもとに,
 1.より深化した専門知識を極めようとする意欲。
 2.工学領域における諸現象の真理を究めるために必要な深い洞察力。
 3.現代社会が抱える様々な課題の解決にどのような技術が必要かを敏感に見出し,自ら研究しようとする意欲。
 4.地域や身近の課題に対して,リーダーシップを発揮して技術的に問題解決しようとする積極性。
 5.国際的な視野で自らの研究を位置付け,グローバルにアピールし展開しようとする強い意志。
 6.研究成果を,高い倫理観のもとに人類の快適な生活空間構築に役立てたいとする奉仕の精神。 などを持ち合わせた学習意欲旺盛な学生の入学を期待しています。

入学者選抜の基本方針

一般入試

 成績証明書及び修士論文概要(又は構想)により教育研究成果を、研究計画書及び面接(口述試験、プレゼンテーションを含む)により専門知識に対する意欲や深い洞察力、強い意志などを評価し、合否を判定します。

社会人入試

 成績証明書及び研究業績調書により教育研究成果を、研究計画書及び面接(口述試験、プレゼンテーションを含む)により専門知識に対する意欲や深い洞察力、強い意志などを評価し、合否を判定します。

外国人留学生(AGP)入試

 成績証明書及び修士論文概要(又は構想)により教育研究成果を、研究計画書及び面接(口述試験、プレゼンテーションを含む)により専門知識に対する意欲や深い洞察力、強い意志などを評価し、合否を判定します。

先頭に戻る

自然科学技術研究科

教育目的

 本研究科は,生命科学,環境科学やものづくりに強い関心を持ち,これらの分野に関連する国内外の産業界,行政で高度専門職業人として活躍できる資質を持つ学生を受け入れます。この技術・科学を中心に諸問題を解決する分野では,特定の分野の専門性を拡張できる柔軟性や,新しい概念などを生み出す創造性,さらには世界とのつながりの中で活躍できる国際性を身に付ける必要があります。これらに対応するために,下記の3つの意欲を持ち,積極的に学習する者の入学を期待しています。

求める学生像

  • 最先端技術を中心により深い専門知識を極めるとともに,社会の動きに柔軟に対応するため,幅広い知識を取得したいとする意欲
  • 専門分野を中心とする諸課題に対して,新しい概念,仕組み,革新を生もうとする意欲
  • 国際化が進む世界に対応し,グローバルな視点を持ちながら地域の諸問題に取り組もうとする意欲

入学者選抜の基本方針

一般入試

 本研究科での学修及び研究に必要な学力を成績証明書及び学力試験(英語及び専門科目)により、生命科学、環境科学やものづくりへの関心や幅広い知識の修得に対する意欲などを面接(口述試験等を含む場合には学力も評価)により評価します。配点は、学生募集要項を参照ください。

推薦入試

 本研究科での学修及び研究に必要な学力を成績証明書及び学力試験(英語)により、生命科学、環境科学やものづくりへの関心や幅広い知識の修得に対する意欲などを志望理由書及び面接(口述試験等では学力も評価)により評価します。配点は、学生募集要項を参照ください。

社会人特別入試

 本研究科での学修及び研究に必要な学力を成績証明書及び研究業績調書(生命科学・化学専攻及び生物生産環境科学専攻では、加えて学力試験)により、生命科学、環境科学やものづくりへの関心や幅広い知識の修得に対する意欲などを研究計画書及び面接(口述試験等では学力も評価)により評価します。配点は、学生募集要項を参照ください。

外国人留学生特別入試

 本研究科での学修及び研究に必要な学力を成績証明書及び学力試験により、生命科学、環境科学やものづくりへの関心や幅広い知識の修得に対する意欲などを研究計画書及び面接(口述試験等では学力も評価)により評価します。配点は、学生募集要項を参照ください。

先頭に戻る

連合農学研究科

教育目的

 本研究科は,生物(動物、植物、微生物)生産,生物環境及び生物資源に関する諸科学について,高度の専門能力と豊かな学識,広い視野を持った研究者及び高度専門技術者を養成し,農学の進歩と生物資源関連産業の発展に寄与することを目指しています。そして,農学の持つ幅広い知識を学び,課題を探求し,境界領域や複合領域における諸問題の解決及び課題発掘能力を醸成する教育を行います。また,高度な農学の諸技術や科学の習得を希望する外国人留学生も積極的に受け入れます。

求める学生像

  • 人類の生存を基本に農学の総合性を理解し地域及び社会貢献に意欲を持つ人
  • 研究課題を自ら設定し,その課題にチャレンジする意欲を持つ人
  • 専門の知識だけでなく,幅広い知識の吸収に意欲を持つ人
  • 倫理観を持ち,農学及び関連分野でリーダーシップを発揮できる人
  • 国際的に活躍する意欲があり,そのための基礎力を持つ人

入学者選抜の基本方針

一般入試

 学業成績証明書及び筆記試験(専門科目及び外国語(英語))により基礎力を、口頭試問により研究課題への意欲や農学等分野でのリーダーシップなどを評価し、総合的に合否を判定します。

推薦入試

 学業成績証明書により基礎力を、口頭試問により研究課題への意欲や農学等分野でのリーダーシップなどを評価し、総合的に合否を判定します。

外国人特別入試

 学業成績証明書により基礎力を、面接試験により研究課題への意欲や農学等分野でのリーダーシップなどを評価し、総合的に合否を判定します。

英語特別プログラム入試

 学業成績証明書やTOEFL等のスコアにより基礎学力や英語運用能力を、口頭試問により研究課題への意欲や農学等分野でのリーダーシップなどを評価し、総合的に合否を判定します。

岐阜大学・インド工科大学グワハティ校国際連携食品科学技術専攻入試

 一般入試又は推薦入試に加え、岐阜大学とインド工科大学グワハティ校が合同で行う研究提案を中心とした口頭試問及びTOEFL又はTOEICのスコアにより国際的に活躍する意欲などを評価し、総合的に合否を判定します。

先頭に戻る

連合獣医学研究科

教育目的

 連合獣医学研究科は,獣医学教育課程を有する帯広畜産大学,岩手大学,東京農工大学および岐阜大学の4国立大学法人が連携協力して設置する標準修業年限4年の獣医学に関する大学院博士課程で,1専攻,4連合講座からなっています。また,人や動物の感染症,医薬品や食品の安全を使命とする厚生労働省・国立感染症研究所,同・国立医薬品食品衛生研究所,国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構・動物衛生研究部門,日本中央競馬会競争馬総合研究所および公益財団法人実験動物中央研究所が連携教育機関となっています。学生はこれらの4大学および5連携研究機関のいずれかで主に研究を実施し,教育を受けることになります。本研究科を構成する各大学および連携研究機関には,それぞれの沿革,立地条件,施設目的等に対応した特色があり,これらの特色を活用することにより,一大学では望み得ない多彩な教育研究を実施します。
 本研究科は,獣医学とそれに関連する諸科学を基盤に,人と動物の生命活動の探求を通じて,自然,人,動物が調和して繁栄できる社会の創造に貢献できる研究者や高度専門技術者の育成を教育理念とします。学部教育で培われた基礎知識と応用能力を有する獣医学卒業生,他教育課程を終えた修士修了生,また,高度な技術や科学の習得を希望する外国人留学生を積極的に受け入れます。

求める学生像

  • 獣医学を通じて社会貢献に意欲を有する人
  • 獣医学やそれに関連した諸科学に関して研究心を有する人
  • 獣医学やそれに関連した分野で技術の向上に意欲のある人
  • 獣医学を基盤に,国際貢献に意欲のある人
  • 獣医学に関連した諸学問に興味があり,自らの専門性を探求したい人

入学者選抜の基本方針

 筆記試験(外国語(英語))及び口頭試問により、本研究科での研究に必要な学力及び技術の修得状況や研究活動に必要な英語力、研究課題に取り組む意欲などを評価し、総合的に合否を判定します。

先頭に戻る

連合創薬医療情報研究科

教育目的

 本研究科は,創薬と医療情報をテーマとして先進的な生命科学を学術基盤とすることにより,薬学,医学,工学などの異種学問領域を連携統合した教育研究を推進します。こうした取り組みを通して,高度な専門性と先見性,柔軟な発想を有し,次世代の医療,医学,生命科学を担う最先端の領域で活躍できる高度専門職業人の育成を目指します。

求める学生像

  • 創薬に関する高度な専門的知識の修得と研究の推進に対して高い意欲を持っている人
  • 個別化医療を展開するために必要となる実践的な研究領域を開拓しようとする強い気概がある人
  • 国際的な視野のもとで自らの研究を位置づけ,世界に研究成果を発信していく意欲がある人
  • 安全・安心な医療の提供に求められる高度専門知識の修得と研究推進に高い意欲を持っている人
  • 自らの研究成果を社会の要請に応じて積極的に実用化する気概を持っている人

入学者選抜の基本方針

 研究(希望)計画書、学業成績証明書、修士論文等要旨、研究業績調書及び面接・口頭試問により、専門的知識の修得と研究推進に対する意欲の高さや実践的な研究領域の開拓への気概の強さなどを評価し、総合的に合否を判定します。


問合せ先:

学務部 入試課 TEL:058-293-2156/2157

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク