研究成果

世界初、CO₂ガスで自己修復を促進する気体可塑性エラストマーを開発

 工学部 化学・生命工学科の三輪 洋平 准教授らの研究グループは,CO₂(二酸化炭素)ガスですばやく自己修復する,世界初の気体可塑性シリコーンエラストマー(イオン架橋ポリジメチルシロキサン(PDMS)エラストマー)を開発しました。
 本研究成果の論文 "A gas-plastic elastomer that quickly self-heals damage with the aid of CO2 gas"が科学論文誌「Nature Communications」に4月23日(火)18時(日本時間)に掲載されました。

20190423-1.png
無色透明な気体可塑性エラストマー(PDMS-xNa)
(クリックすると拡大します)
20190423-2.png
着色したPDMS-80Naを切断して修復する実験
(クリックすると拡大します)

本研究成果のポイント

  • 世界で初めて,常温・常圧の気体(CO₂ガス)を利用して,すばやく自己修復する気体可塑性エラストマー(PDMS-xNa)を開発
  • CO₂ガスを用いるため,製品や人体に悪影響を与えず,また,製品内部にすばやく浸透して自己修復を促進することが可能
  • マイナス20℃の寒冷環境でもCO₂ガスによって自己修復可能

詳しい研究内容について

世界初、CO₂ガスで自己修復を促進する気体可塑性エラストマーを開発

論文情報

  • 雑誌名:Nature Communications
  • 論文名:A gas-plastic elastomer that quickly self-heals damage with the aid of CO2 gas
  • 著 者:三輪 洋平*, 平 健二郎, 倉地 寿乃介, 宇田川 太郎, 沓水 祥一
       (*:責任著者)いずれも 岐阜大学 工学部 化学・生命工学科
  • DOI:http://doi.org/10.1038/s41467-019-09826-2

2019.04.25

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク