研究成果

木塚康彦 准教授(生命の鎖統合研究センター)らの研究成果が,『Nature Communications』に掲載されました

木塚康彦 准教授(生命の鎖統合研究センター)らの研究成果が,『Nature Communications』に掲載されました

がん悪性化に関与する糖鎖合成酵素 GnT-V の構造を解明

発表者

長江 雅倫(東京大学大学院薬学系研究科 特任研究員)
木塚 康彦(岐阜大学研究推進・社会連携機構生命の鎖統合研究センター 准教授)

発表のポイント

  • ヒトのがんの悪性化を促進する糖鎖合成酵素である GnT-V の立体構造を世界で初めて明らかにした。
  • GnT-V の研究は世界中で行われているが、その詳しい働き方は不明だった。今回立体構造を明らかにしたことで、この酵素が働く仕組みがわかった。
  • 働き方の詳細が明らかになったことで阻害剤のデザインが可能になり、がん悪性化のメカニズムに対する理解と、がんの悪性化を抑える薬剤の開発が進むことが期待される。

詳細は こちらから


【関連リンク】

2018.08.21

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク