お知らせ

2019年度岐阜大学日本語・日本文化教育センター日本語・日本文化研修留学生の修了論文発表会を開催しました

 本学日本語・日本文化教育センターは、8月4日(日)、岐阜大学サテライトキャンパスにおいて,日本語・日本文化研修留学生(以下日研生)による修了論文発表会を開催しました。

 日研生は、毎年10月から翌年8月までの約1年間、大使館推薦や大学推薦の国費外国人留学生として、また本学学術交流協定校からの留学生として岐阜大学に留学し、主に日本語と日本文化について学び、その集大成として修了論文を執筆します。論文のトピックはそれぞれの留学生が興味のあるものを選び、教員の指導と岐大の日本人学生が務める論文チューターのサポートを受けながら論文を完成させます。

 今年の日研生は第18期生で、ウクライナ、タイ、中国から本学に留学している6人が発表を行いました。
 当日は、本学教職員、学生の他、一般市民の方もご来場くださいました。日研生たちは、現代日本社会、日本語の特徴、日本と自国の比較等、各自が設定したテーマについて、パワーポイントを使用しながら発表しました。フロアからの質問にも誠実に答え,日頃の学習や研究の成果を十分発揮しました。

 日研生は,8月21日(水)に行われる修了式に出席し、その後帰国します。帰国後は、それぞれが所属する大学に復学し勉学に励みます。本修了生には、本学や他大学大学院への留学や、日本での就職のため再来日する学生が多数います。成長した彼らとの再会を楽しみにしています。

発表者及び題目は次のとおり(発表順)

  • 江 愷悌(コウ ガイテイ・中国)
    「私たちはまだ「腐向け」を知らない -『名探偵コナン』劇場版の二次創作を例として-」
  • トンピチャイ・パーキン(タイ)
    「社名のネーミング -人名および欧米企業のネーミングとの比較から-」
  • ドルディネツ・イェヴヘン(ウクライナ)
     「翻訳における日本語オノマトペ
          -『ハリー・ポッターと賢者の石』の英語原作・中国語訳・ウクライナ語訳との比較-」
  • 黎 宇傑(レイ ウケツ・中国)
     「明末・清初期のキリスト教受容に関する考察
          -明朝とイタリア人宣教師マテオ・リッチ、そして同時期の日本との比較-」
  • 梁 雅麗(リョウ ガレイ・中国)
    「ブラックバイトから立ち上がれ -岐阜大学の留学生に対する調査-」
  • サオカムケット・スパーワディー(タイ)
    「同棲は結婚に繋がるか -タイ・日における大学生の意識-」
「腐向け」についての発表
「腐向け」についての発表
キリスト教受容についての発表
キリスト教受容についての発表
「同棲と結婚」についての発表  
「同棲と結婚」についての発表  
発表会終了後の集合写真
発表会終了後の集合写真

2019.08.19

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク