岐阜大学創立70周年記念事業

岐阜大学創立70周年記念事業

70th_top1.png

岐阜大学創立70周年記念事業趣意書

 岐阜大学は,昭和24年5月31日に新制大学として発足以来,社会の期待に応える「学び,究め,貢献する」人材の育成を最大の使命とし,様々な教育研究活動に取り組んできました。現在,教育学部,地域科学部,医学部,工学部,応用生物科学部の5学部・8研究科をはじめ,多くの学内教育研究施設を有する東海地方の拠点中規模総合大学として,その地位を確立しています。
 さらに,第3期中期目標・中期計画を迎えるにあたり,「岐阜大学の将来ビジョン(2025年に向けて)」を発表し,「地域活性化の中核拠点であると同時に,強み,特色を有する分野で,国際的,全国的な教育・研究の拠点を目指す」ことを宣言し,その実現に向けて教職員一同邁進しているところです。
 このような中,岐阜大学は平成31年6月に創立70周年を迎えることになります。これもひとえに卒業生をはじめ,地域の皆様方の温かいご支援の賜と心より感謝申し上げる次第です。
 岐阜大学はこの70周年を契機として,将来ビジョンを実現し,より存在感のある大学として発展していく所存です。併せて,学内に蓄積された知の資産を大切にし,未来に継承していく取り組みにも力を注ぎたいと考えています。
 岐阜大学には教育学部に保存されている古文書等の歴史資料や植物標本等をはじめとして各学部に貴重な学術資源が数多く存在しています。この機会にこれらを学内全体で洗い出し,再整理し,保存していくこと(キャンパスの学術アーカイブ化)は科学,文化振興を担う大学としての使命であると考え,是非この事業を実現したいと思います。
 さて,国立大学を取り巻く財政状況は依然として厳しく,また少子化など社会構造の変化も急速に進んでおり,将来ビジョン実現に向けた教育研究活動等を展開していくためには財政基盤の安定化が不可欠であります。創立60周年を契機に創設した「岐阜大学基金」は,卒業生をはじめ多くの方々のご支援により育くまれ,有意義に活用させていただいております。しかし,地域産業人材養成のための社会人学生など多様な人材の受け入れに必要な奨学金は運営費交付金のみでは支給が困難なことから,基金に頼らざるを得ないなど岐阜大学の将来を考えるとなお一層の充実が必要であります。
 岐阜大学は社会の期待に応えるべく今後も教職員一同がんばってまいります。創立70周年を期にさらに飛躍していくためにも,どうか今回の趣旨にご賛同いただくとともに,ご支援,ご協力を心よりお願いいたします。








平成29年6月1日
岐阜大学創立70周年プロジェクト実施委員会(岐阜大学長)
委員長   森 脇 久 隆


先頭に戻る

岐阜大学創立70周年記念事業

岐阜大学創立70周年を契機として,大学内に蓄積された知の資産を未来に継承していく取り組みに力を注ぎたいと考えております。岐阜大学創立70周年記念事業の概要は,下記のとおりです。

(1)学術アーカイブズの構築
創立70周年を契機に岐阜大学が長い時間をかけて生み出してきた様々な資料の整理・保管機能を,より一層強化し,キャンパスをアーカイブ化する学術コアとサテライトを設置・整備します。
(2)記念誌の編集,発行
創立70周年を迎えるにあたり,70周年記念誌の発行を行います。本学の70年にわたる歴史や取り組みについて,写真を多く取り入れた見やすい記念誌とします。
(3)記念式典,記念講演会等
記念式典(記念講演会,記念祝賀会を同日開催)とキャンパスの一般公開や市民講座,記念美術展,スポーツ等,多彩な行事を計画しています。

先頭に戻る

学術アーカイブズの構築

アーカイブ・コア

岐阜大学図書館に設けるアーカイブ・コアは,「大学の歴史,大学・学部紹介コーナー」「資料収蔵庫」,「展示ギャラリー」からなります。「大学の歴史,大学・学部紹介コーナー」では,岐阜大学のこれまでの歩みや各学部の紹介をパネルや実物等で展示します。「展示ギャラリー」は,教員や学生・卒業生が企画する展示会の他,地域の皆さまが文化学術活動を推進するスペースとして考案します。「資料収蔵庫」には,学内のあちこちにある人文系・美術系の資料や,岐阜大学の貴重な歴史資料などを集約し,温湿度管理や防虫対策をおこない適切に整理保管する機能をもたせます。

自然史系資料サテライト

教育学部・応用生物科学部などが保有している植物標本の収集・保存・活用のための植物標本庫を設置します。豊富な植物標本をデータベース化し,学校教育などの教材として貸出活用します。



博物館学芸員の養成機能をより強化するために,今ある実習室を改修して,主に応用生物科学部が多く保有している動物標本等を保存・活用するスペースを整備します。

人文系資料サテライト

現在の地域科学部「地域資料・情報センター」を人文系資料サテライトとし,地域の様々な文章系資料を収集・保管・活用します。教育学部郷土博物館の人文系資料等を地域の皆さまに活用していただくサポートを行います。

インフラミュージアム

工学部附属インフラマネジメント技術研究センターが取り組む社会基盤のメンテナンス教育用の土木構造物が展示され,実物大の構造物の仕組みを見て知ることができます。

先頭に戻る

岐阜大学創立70周年記念事業への寄附申し込みについて

岐阜大学創立70周年記念事業では,寄附のご協力をお願いしております。
ご協力いただきました寄附は,学術アーカイブズの構築を中心とした記念事業の整備や学生への支援,地域社会への貢献に活用していきます。

寄附のご案内

  
受入口数 個人の寄附者の方 一口 5,000円
法人・団体の寄附者の方 一口10,000円


本基金の趣旨をご理解の上,できるだけ複数口でのご支援をお願いいたします。

寄附方法は,下記のいずれかにより,ご寄附をお願いいたします。

◎個人の皆様には,インターネットによる寄附手続き(クレジットカード決済・コンビニ決済・ペイジー決済)がご利用いただけます。下記よりウェブサイトにアクセスいただき,寄附の手続きをお願いいたします。

◎「寄附申込書」に必要事項をご記入の上,70周年プロジェクト事務局までFAXまたは郵送にてお送り願います。後日,事務局から文書にてご寄附の依頼をさせていただきますので,手続きをお願いいたします。「寄附申込書」は下記にあるウェブサイトからご利用いただけます。

ご厚志に対する謝意

ご寄附をいただいた皆様に対しましては,岐阜大学が持つ様々な情報の提供や寄附者名簿等に掲載するなどして,末永く本学の歴史に刻ませていただくとともに,感謝の意を込めまして次のことを行います。

◎ご芳名の掲載(掲載をご承諾いただいた方)
寄附者のお名前を岐阜大学のホームページ及び大学広報誌等に掲載します。

◎銘板の掲示(掲示をご承諾いただいた方)
ご寄附者ごとの累計金額で,個人の方は10万円以上,法人・団体の方は50万円以上のご寄附をいただいた方には,寄附者(ご芳名)の銘板を学内に掲示します。

◎広報誌の送付・公式行事のご案内
岐阜大学の広報誌及び岐阜大学主催の公式行事のご案内をします。

◎税法上の優遇措置
ご寄附いただいた寄附金については,税法上の優遇措置があります。

◎国の褒章制度
公益のために私財をご寄附いただいた方に授与される『紺綬褒章』に,ご寄附者のご意向を確認の上,公益団体認定を受けている本学から文部科学省に申請いたします。授与基準に基づき,500万円以上のご寄附をいただいた個人及び,1000万円以上のご寄附をいただいた団体を対象としています。

併せて,岐阜大学基金では下記のとおり,事業展開の更なる充実を進めて参ります。

岐阜大学基金で展開する事業
(1)多様な学生に対する修学支援
 ➀経済的理由により修学困難な学生に対する給付型奨学金の創設
 ②優秀な留学生に対する奨学金の充実
 ③社会人の学び直し機会を推進するための支援
(2)地域産業人養成のための教育活動の展開
(3)強み,特色のある研究活動の展開

 寄附方法・税法上の優遇措置についての説明は下記のウェブサイトにて掲載しておりますので,ご覧ください。

先頭に戻る


お問い合わせ

  
70周年プロジェクト事務局(岐阜大学内)
 基金に対するお問い合わせ TEL:058-293-3276 FAX:058-293-3279
 アーカイブ事業に対するお問い合わせ TEL:058-293-3278

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク