研究・採択情報

似て非なる酵素が糖鎖を作り分ける仕組みを解明 ~2種類の酵素が別々のタンパク質に同じ糖鎖を合成する~

 国立大学法人東海国立大学機構岐阜大学糖鎖生命コア研究所(iGCORE)の木塚康彦教授、自然科学技術研究科1年の長田菜緒子さんらの研究グループは、大阪大学、広島大学との共同研究で、糖尿病などに関わる2つの類似した糖鎖合成酵素GnT-IVaとGnT-IVbが異なる働きを持つことを発見しました。GnT-IVaとIVbは、タンパク質の上の糖鎖に枝分かれ構造を作る酵素で、これまでほとんど同じ働きを持つと考えられてきましたが、本研究により、この2つの酵素が異なるタンパク質の上に糖鎖を作ることが明らかになりました。 これまで、多くの糖鎖合成酵素については、糖鎖をつけるタンパク質を選ぶ仕組みがほとんど明らかにされていませんでした。本研究は、様々なタンパク質の上に複雑な糖鎖が作られる仕組みの解明に重要な知見を与えるとともに、糖尿病などの病態解明や治療法開発にも役立つことが期待されます。
 本研究成果は、2022年8月18日にJournal of Biological Chemistry誌のオンライン版で発表されました。

202200823.png

詳しい研究内容について

似て非なる酵素が糖鎖を作り分ける仕組みを解明
 ~2種類の酵素が別々のタンパク質に同じ糖鎖を合成する~

2022.08.24

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク