研究成果・採択情報

応用生物科学部 上野 義仁 教授らの研究課題が日本医療研究開発機構 次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業に採択されました

 本学応用生物科学部 上野 義仁 教授らの研究課題が日本医療研究開発機構(AMED) 次世代治療・診断実現のための創薬基盤技術開発事業に採択されました。
 本事業は、新たな創薬標的として近年注目されているRNAの機能を制御する創薬基盤技術の開発を目指し、RNA標的医薬品の代表である核酸医薬品の開発を加速するために、製造技術、精製技術、分析技術等の研究開発を行うものです。また、標的RNAを精密に制御するモダリティ開発の核となる要素技術である標的RNAの機能解析及び構造解析の基盤技術の研究開発を行います。
 核酸医薬、特にsiRNAは、その特異性と安全性の高さから、次世代医薬品候補として大きな期待をもたれていますが、生体内での不安定性や、標的細胞、組織への効率的な送達が開発を行う上でボトルネックとなっています。本研究開発では、上記課題を克服する為に、岐阜大学が有する、核酸化学と糖鎖化学の力を最大限に活用することにより、1)siRNAに新規化学修飾を施して、生体内でも安定なsiRNAを創出し、2)がん細胞表面に過剰発現している受容体を標的とした化合物をコンジュゲートとして、上記安定化siRNAと組み合わせることにより、シンプルで有効性と安全性に優れた核酸医薬を創出します。


【採択概要】

研究開発課題名:RNA干渉医薬の新規基盤技術・高親和性糖鎖リガンドを装着したsiRNAの開発
研究開発代表者:岐阜大学応用生物科学部 上野 義仁 教授
研究開発分担者:岐阜大学糖鎖生命コア研究所 安藤 弘宗 教授
研究開発分担者:滋賀医科大学医学部 茶野 徳宏 准教授
研究開発分担者:公益財団法人微生物化学研究会微生物化学研究所 坂本 修一 主任研究員


2021.06.08

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク