イベント

「アメダス気象データ分析チャレンジ!(Python版)2021」のご案内

プログラミング言語"Python"を使って気象データ分析や機械学習を体験してみませんか?

 2021年1月に開催した「気象データ分析チャレンジ!(Python版)」(満足度96%!)が帰ってきます。AIやIoTで人気のプログラミング言語"Python"を使って気象データ分析や機械学習を体験してみませんか?
 このセミナーは,「気象データ分析チャレンジ!(Excel版)」をPython版に発展させたもので,オープンデータである気象データや電力消費データを活用して,Pythonによるデータ分析と機械学習の基礎について学びます。気象データに触れてみたい方,Pythonを学んでみたい方,ビジネスを効率化させたい方,データサイエンスに興味のある方,是非,一緒に体験してみませんか?

20210112.jpg

開催日時: 令和3年5月13日(木)13:00~17:00
         5月14日(金)13:00~17:00
開催場所:オンライン開催(URLは後日ご連絡します)
主  催:気象ビジネス推進コンソーシアム(WXBC)
共  催:岐阜大学工学部附属応用気象研究センター

詳細は【関連リンク】アメダス気象データ分析チャレンジ!(Python版)2021をご覧ください。

講師

岐阜大学工学部附属応用気象研究センター
センター長・准教授・気象予報士 吉野 純

プログラム

1日目(5月13日)
 1.はじめに
 2.Pythonの基礎
 3.Pythonによる診断的分析(気象×電力)

2日目(5月14日)
 4.ニューラルネットワークの基礎
 5.Pythonによる予測的分析(気象×電力)
 6.おわりに(アンケート)

参加要件

  • プログラミング経験のある方(言語の種類は問いません)
  • 5月13日(1日目)と5月14日(2日目)の両日参加できる方
  • ご自身で,事前準備を完結できる方
  • 当日の様子のオンライン公開(Youtube予定)に同意いただける方

申込み・締切日時

参加をご希望の方は,【関連リンク】アメダス気象データ分析チャレンジ!(Python版)2021よりお申し込み下さい。
 締切   :令和3年4月30日(金)17時
 募集人員 :50名(参加費は無料です)
       応募者多数の場合は,抽選とさせて頂きます。
       発表は当選者ご本人様への当選通知メールをもって代えさせて頂きます。

お問い合わせ

岐阜大学工学部附属応用気象研究センター事務室
E-mail: amet@gifu-u.ac.jp


2021.04.26

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク