岐阜大学基金

岐阜大学基金(学長挨拶)

R4~HP.jpg 日頃より岐阜大学基金に多大なご理解とご協力を賜り、誠にありがとうございます。

 2022年4月1日に国立大学法人東海国立大学機構岐阜大学学長に就任いたしました吉田和弘でございます。皆様、よろしくお願い申し上げます。

 岐阜大学は、2020年4月に名古屋大学と法人統合し、国立大学法人東海国立大学機構岐阜大学となり、東海国立大学機構の「地域は世界に通じ、世界は地域に通じる」というコンセプトのもと、「地域活性化の中核拠点であると同時に、強み、特色を有する分野において全国的、国際的な教育研究拠点の形成を目指す」というミッションを掲げ、鋭意努力しております。

 コロナ禍のなか、皆様におかれましても、様々なご苦労をされていることと拝察いたします。このような状況にもかかわらず、昨年度、岐阜大学基金には、卒業生・在校生家族・教職員および企業・一般の方など多くの皆様から約5千万円の支援をいただきました。皆様からのご支援によりまして、Withコロナ学生支援事業、応援奨学生等の学生支援事業、私費学生留学生支援等の国際交流支援事業、生活に困窮する学生に対する修学支援事業の他、馬術部厩舎復興支援等の事業を行うことができました。改めまして、皆様のご厚情に深く感謝申し上げたいと存じます。

 また、この度、岐阜大学基金に、本学の活動の一端をみていただき、ささやかながらお礼の気持ちも込め、大学に関連した返礼品をご用意した岐大プレミア募金を創設いたしました。是非、ホームページをご覧いただき、募金にご協力いただけますと大変有り難く存じます。

 政府の財政状況が厳しいなか、国立大学法人の運営も国からの支援に頼ることがますます難しくなってきております。一方で、先行きが不透明な時代を牽引する優秀な人材の輩出は大学の使命であり、本学に対する地域からの期待も大きくなってきています。このような情勢に呼応するため、大学の機能の更なる強化が喫緊の課題となっています。継続的なきめ細やかな学生支援を含め、大学の教育研究活動を充実させるためには、その財源を皆様からのご支援に頼らざるを得ない状況にあります。

 これまでご寄附いただきました皆様には厚くお礼申し上げますとともに、基金への継続的な支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申し上げます。         

岐阜大学長  吉 田 和 弘

岐阜大学基金TOPページに戻る >>


アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク