岐大生の1日

※掲載内容(所属,学年など)は取材時のものです。(現在と内容が異なる場合があります。)

自宅生

小堀 秀明さん(教育学部 保健体育講座 3年)

life_01_1_2.png

岐阜県岐阜市出身。保健体育の教員を目指し、教育学部に入学。子どもの体力や運動能力について研究する春日研究室に所属し、毎週のゼミではスポーツ科学、教育、体育、保健、医学などさまざまなテーマについてディスカッションとプレゼンテーションを行っている。

中学生の頃から自分が好きなことをしっかりと自己分析して
保健体育の先生になりたいと思いました。

life_01_1_3.png
◆自宅から大学へは車で通学
自宅から近いこともあり、岐阜大学に進学しました。その中で、教育学部保健体育講座を選んだのは、体育の先生は自分が楽しいと感じることができるからです。もともと体を動かすことや子どもと接することが好きでしたので、シンプルに好きなことを仕事にできたら良いなと中学生の頃から考えていました。部活で遠征したり、アルバイトに行ったりするため車で通学しています。岐阜は車社会なので、車があると行動範囲が広がって便利です。

◆保健体育の奥深さを知る
一口に保健体育といっても、幼児教育や医学、保健など分野は多岐に渡り、どれも今後の生活に生かせることなので興味深く学んでいます。例えば所属するゼミでも、幼児期の運動習慣による将来の運動能力の違いを研究しているのですが、部活動にも生かせる発見があります。

◆放課後は部活とアルバイト
昔から続けているソフトテニス部に所属しています。今年から後輩にご飯をおごるなど面倒を見るようになって先輩の大変さが少し分かりました(笑)。また、趣味が釣りということもあり、釣具店でアルバイトをしています。釣りは本当に面白いので、卒業してからもずっと続けていきたいと思っています。
life_01_1_4.png

池田 早姫さん(応用生物科学部 生産環境科学課程 4年)

life_01_2_2.png

岐阜県不破郡出身。植物について学びを深めるため、応用生物学部生産環境科学過程に進学。趣味は習い事の生け花と三味線。友人とカフェでランチをしたり一人で映画鑑賞に行ったりすることが気晴らし。

習いごとやサークル、アルバイトと学業を両立。
研究室で植物や微生物への学びを深めて将来につなげていきたい。

life_01_2_4.png

life_01_2_5.png
◆3 年後期から車で通学
電車とバスを乗り継いで大学まで1時間半ほどかかるため下宿も考えていましたが、実家の方が安心して暮らせると思い、自宅通学することにしました。最近は、大学の近くに駐車場を借りて車で通うようになり、時間も 30 分ほど短縮されて通学が楽になりました。大学構内に駐車して通学したい人は、免許取得から 1 年未満は駐車できない等規約があるので、検討している場合は各学部の窓口や先輩から詳しいことを確認しておくと良いと思います。

◆植物と病原菌間の相互作用などを研究
3 年生になってから植物病理学研究室に所属し、植物プロバイオティクスを利用した作物病害の生物防除法をテーマに研究しています。植物プロバイオティクスとは、植物の生長を助ける微生物で、それと植物、病原菌との間にどのような関係があるのかを調べています。実験も大変ですが色んな発見があって楽しいです。

◆アルバイトやサークルで社会勉強
サークルは「岐阜大学地域ねこサークル」に所属して、大学構内にいるネコの健康管理をしています。かわいくて人懐っこい子が多いので世話をしていると癒されます。また、週 2回ほど総菜屋さんでアルバイトしています。学業とのバランスをとって続けていきたいです。
life_01_2_5.png

下宿生

日下部 留奈さん(医学部 看護学科 4年)

life_02_1_2.png

岐阜県下呂市出身。患者の気持ちに寄り添って対応できる看護師を目指し、医学部看護科に入学。趣味は音楽鑑賞。コロナ禍で音楽ライブが中止となったため、「RADWIMPS」や「マカロニえんぴつ」など好きな邦楽アーティストの曲を自宅でかけて楽しんでいる。

初めての一人暮らしで両親のありがたさを実感。
生活力を身に付け、患者さんに信頼される看護師になりたいです。

life_02_1_3.png

life_02_1_5.png
◆勉強に集中するために下宿
実家から大学までは車で2時間以上かかるため、下宿を選びました。通学時間が短くなり、勉強に集中して取り組めています。また、下宿生活は自由な反面、自己責任で暮らしていかないといけないので、両親の大変さがよく分かりました。最初は大変でしたが、お金の管理や炊事洗濯など少しずつできるようになってきました。

◆看護の奥深さを勉強中
覚えることが多く、昨年度はオンライン講義に慣れるのも大変でしたが、友人と励まし合いながら看護の奥深さを学んでいます。2年生の春休みには医学部附属病院での基礎看護実習があるので、現在はそれに向けて班の仲間と予習をしているところです。助産師にも興味があるので、3年次に資格取得を選択するタイミングまでに将来のことを考えて準備していきたいと思っています。

◆放課後は部活とアルバイト
医学部サッカー部のマネージャーをしています。10人ほどいる同期は仲が良く、部活以外でもよく遊んでいてとても楽しいです。先輩からはテスト対策を教えてもらえるので、部活に入って良かったと感じています。生活のため週3日ほどアルバイトもしていて毎日忙しいですが、勉強と両立して頑張りたいです。
life_02_1_1.png

與川 美佑さん(社会システム経営学環 2年)

life_02_2_2.png

岐阜県瑞浪市出身。大学では新しいチャレンジがしたいと思い、2021年度に新設された社会システム経営学環に進学。意識の高いクラスメイトと切磋琢磨しながら、観光やまちづくりを学んでいる。趣味は旅行。いつか行ってみたい国はオランダ。

下宿生活で分かる実家暮らしのありがたみ。
一期生の仲間たちとお互いに刺激し合って成長していきたい。

life_02_2_3.png

life_02_2_4.png
◆勉学に集中するために下宿
実家から大学までは通学に 2、3 時間かかるため、両親と相談して大学の近くで一人暮らしをすることにしました。初めてのことばかりで最初は不安でしたが、レシピ動画のアプリを活用するなどして、できる限り自炊しています。家事の大変さもよく分かったので、サポートしてくれている両親には感謝しかありません。

◆価値観の近い仲間と学びを深める
社会システム経営学環は経営/マネジメントを軸に「ビジネス」「まちづくり」「観光」について実際の現場で実践的に学べるカリキュラムになっています。2 年生以降は実習の割合が増えてくるので、座学でベースを築きつつビジネスの現場で色んな経験を積んでいきたいです。また、一期生ということもあってか、自分たちで可能性を広げていこうという志の高い仲間が多いので、お互いに刺激し合いながら学べていることを幸せに感じています。

◆アルバイトで人生経験を広げる
放課後は、週 1 回のバレーサークル以外はアルバイトをしています。平日は塾、週末は飲食店で働いていて、お金を稼ぐ大変さを実感しています。塾では生徒に理解してもらうためにどういった手順を踏めばいいかなど、段取りや教え方を学ぶ良い機会になっています。
life_02_2_5.png