岐大生の1日

※掲載内容(所属,学年など)は取材時のものです。(現在と内容が異なる場合があります。)

自宅生

梶川 智史さん(地域科学部地域文化学科 4年)

life_01_1_2.png

愛知県北名古屋市出身。幅広い分野の学問に触れることで自分を成長させたいと思い、岐阜大学地域科学部地域文化学科に入学。趣味は通学で利用している電車の時刻表を眺めること。所属する学生団体の活動やアルバイトなど、学外でも活発に過ごしている。

通学時間は読書などをして自分の能力を高める時間に。
将来は大学で学んだ心理学の知識を生かして社会に貢献したいです。

life_01_1_3.png

life_01_1_4.png

life_01_1_5.png
◆自宅から大学へは電車とバスで通学
実家での生活は下宿より生活費の負担が少ないことがメリットです。電車とバスを利用して、片道1時間半ほどかけて通学しています。通学中は本を読んだり、学生団体の活動の連絡をとったりして、時間を有効活用しています。

◆心理学を中心に様々な領域の知識を深める
地域科学部では経済や政治、哲学、都市環境工学など、様々な分野を学んでいます。2年生の後期からは、もともと興味があった心理学について深く知るために環境心理学のゼミに入りました。環境心理学とは、居住環境や都市環境など多様な"環境"が人間の行動に与える影響を研究する学問です。学んでいて非常に興味深いので、卒業後は環境心理学の知 識が生かせる仕事に就きたいと思っています。

◆学生団体の活動も充実
学外では「ひのとり」という学生団体に所属しています。これは、僕が専攻している心理学を活用して、学生のキャリア形成を支援する団体です。僕は中心メンバーの一人として、学生向けセミナーや朝活イベントの企画・運営など行っています。大学で学んだことが生かすことができて、とても充実した日々を送っています。
life_01_1_1.png

下平 悠詩さん(医学部 医学科 3年)

life_01_2_2.png

元眼科医の祖父の姿に憧れ、自宅から近くて勉強に集中できる環境がある岐阜大学医学部医学科へ入学。部活動に励み、休日は友人と遊ぶなど、メリハリを付けて勉強に専念。将来は祖父のように患者さんとのコミュニケーションを大切にする医師になることが目標。

人にとって医学は一番身近な分野。
多彩な学びで知識を研鑽し、
患者さんと良い関係を築ける医師になることが夢です。

life_01_2_3.png

life_01_2_4.png

life_01_2_5.png
◆自宅から大学へは自転車で通学
自宅から近いため、勉強や様々な活動に集中できる時間が多くとれると考えて岐阜大学へ進学。大学までは毎日、自転車で通学しています。部活動で遅くなっても家事の心配がないことがとてもありがたいです。家族との会話にも励まされ、安心して毎日を過ごしています。

◆授業で人体について知識を深める
人体構造学では細胞機能や臓器について学び、病原体学では大腸菌の構造などを学ぶ実験を行って、今までは大まかにしか知らなかった人体の仕組みについてより理解できるようになりました。医学は人にとって最も身近な分野です。多角度から学びを深め、知識が増えていくことに喜びと楽しさを感じています。各授業とも2〜3週間に1度の頻度でテストが行われ、不合格の場合は追試があります。そのため平日の夜は勉強に時間を割いて頑張っています。

◆弓道部で医療に必要な集中力を養う
大学に入ったら何か新しいことを始めたいと考えて、弓道部に入部。週2回、練習に励んでいます。矢が的に当たったときの達成感は何度経験しても嬉しいもの。的を狙うときに養われる集中力は医療の現場でも活かせると思っています。また週2回、塾の講師として高校生に理系科目の勉強を教えています。大学の授業でも高校で学んだ知識が必要になることがあり、学びの振り返りにも役立っています。
life_01_2_1.png

to_top.png

下宿生

日下部 留奈さん(医学部 看護学科 2 年)

life_02_1_2.png

岐阜県下呂市出身。患者の気持ちに寄り添って対応できる看護師を目指し、医学部看護科に入学。趣味は音楽鑑賞。コロナ禍で音楽ライブが中止となったため、「RADWIMPS」や「マカロニえんぴつ」など好きな邦楽アーティストの曲を自宅でかけて楽しんでいる。

初めての一人暮らしで両親のありがたさを実感。
生活力を身に付け、患者さんに信頼される看護師になりたいです。

life_02_1_3.png

life_02_1_5.png
◆勉強に集中するために下宿
実家から大学までは車で2時間以上かかるため、下宿を選びました。通学時間が短くなり、勉強に集中して取り組めています。また、下宿生活は自由な反面、自己責任で暮らしていかないといけないので、両親の大変さがよく分かりました。最初は大変でしたが、お金の管理や炊事洗濯など少しずつできるようになってきました。

◆看護の奥深さを勉強中
覚えることが多く、昨年度はオンライン講義に慣れるのも大変でしたが、友人と励まし合いながら看護の奥深さを学んでいます。2年生の春休みには医学部附属病院での基礎看護実習があるので、現在はそれに向けて班の仲間と予習をしているところです。助産師にも興味があるので、3年次に資格取得を選択するタイミングまでに将来のことを考えて準備していきたいと思っています。

◆放課後は部活とアルバイト
医学部サッカー部のマネージャーをしています。10人ほどいる同期は仲が良く、部活以外でもよく遊んでいてとても楽しいです。先輩からはテスト対策を教えてもらえるので、部活に入って良かったと感じています。生活のため週3日ほどアルバイトもしていて毎日忙しいですが、勉強と両立して頑張りたいです。
life_02_1_1.png

大滝 隆史さん(自然科学技術研究科 1 年)

life_02_2_2.png

滋賀県長浜市出身。幼い頃から理科や科学に興味があり、特に好きだった化学を専門的に学ぶため、工学部に進学。趣味は絵を描くこと。所属する美術部では2年の時に部長を務める。3年から学習支援学生スタッフとして岐大生の学びのサポートも行う。

下宿をしたことで実家のありがたさを実感。
大学での様々な学びにより、改めて化学の面白さに気付くことができました。

life_02_2_3.png

life_02_2_4.png

life_02_2_5.png
◆下宿先から大学へは自転車で約10分
実家からは通学にかなり時間がかかるため、大学から自転車で約10 分の場所で下宿をしています。一人暮らしは非常に自由ですが、反面、身の回りのことをすべて自分でやるので、家族のありがたさ、家事の大変さなどを身をもって知ることができました。

◆講義や実験で改めて気付く化学の面白さ
講義では有機化学や無機化学、物理化学、高分子など様々な分野を学び、実験を行うことで講義の内容を実際にどのように活用するのかを体験し、理解を深めています。実験レポートを書くのは大変ですが、実験で溶液の色の変化や相分離、界面重合の様子などを見るのはなかなか面白いです。化学の面白さに改めて気付き、大学院へ進んでさらに化学への理 解を深めたいと考えています。将来は、学んだ化学の知識を活かせる研究開発の仕事やアカデミックな仕事に就きたいと思っています。

◆部活や学習支援学生スタッフでも活躍
美術部では絵を大学祭や図書館で展示する活動もしています。今はボールペンと色鉛筆で絵を描いていますが、在学中に油絵に挑戦することが目標です。学習支援学生スタッフとしては、テスト対策講座のような学習イベントや専門科目の学習相談などを行っています。
life_02_2_1.png

to_top.png

寮生

佐伯 史華さん(応用生物科学部 応用生命科学課程 3年)

life_03_2_2.png

食べることが好きで、将来は食品メーカーに就職して開発に携わりたいと考え、食品について深く学べる岐阜大学応用生物科学部応用生命科学課程へ進学。勉強や部活動に専念するかたわら、友人とおしゃれなカフェ巡りを楽しむなど、プライベートも充実させている。

多種多様な実験を通して考察力を研鑽。
食品関係に進むことを目標に日々勉強に励み、部活動も頑張っています。

life_03_2_3.png

life_03_2_4.png

life_03_2_5.png
◆寮費の安さに惹かれて入寮
アパートを借りるよりずっと家賃が安いと知って寮に入りました。女子寮はオートロックのためセキュリティも安心です。キッチンやリビング、浴室は共同なので寮生同士で話す機会も多く、学部や学年を越えて友だちを作ることができました。夜遅くまで勉強を教え合ったり、ホームパーティーを楽しんだりしています。

◆実験とレポート作成で考察力を養成
2年の後期から3年の前期にかけて行った実験では、動物実験や有機化学の合成など、毎日様々な実験を行いました。実験を終えたら図書館で資料や本を読み、実験結果のレポートを作成。調べることでより深い知識が得られたのと同時に、調査力や考察力、文章をまとめる力を養うことができました。多くの実験を行うことで自分が何に興味があるかが明確になり、その後の研究室の選択にもつながりました。

◆部活の仲間との絆が深まる
中学、高校とバトミントン部に所属していました。運動に集中できる環境があるのも学生時代だけだと思い、大学でもバドミントン部に入部しました。今は1ヶ月に1回のペースで行われる試合を目標に、日々練習に取り組んでいます。一緒に過ごす時間が多い部活の仲間との絆も深まり、厳しい練習も励まし合いながら頑張っています。勉強も部活動の両立は 忙しいですが、毎日がとても充実しています。
life_03_2_1.png