お知らせ

平成29年度岐阜大学地域協学センターシンポジウムを開催しました

 平成30年3月23日(金)に,岐阜大学が推進している「地(知)の拠点整備事業(大学COC事業)」及び「地(知)の拠点大学による地方創生推進事業(COC+)」における教育・研究・社会貢献の活動報告および成果を広く学内外に向けて発信し,『地域活性化の中核拠点』として地域とともに活動・取組みを一層推進することを目指し,「地域活性化の中核拠点を目指して」をテーマとして地域協学センターシンポジウムを開催(講堂:参加者約120人)しました。

 シンポジウムの冒頭では,次世代地域リーダー育成プログラム修了証書・称号授与式が行われました。同プログラムの修了者である40人の学生に修了証が授与されたほか,学生コーディネーターの称号が41人の学生に,ぎふ次世代地域リーダーの称号が23人の学生に授与されました。

 次いで松井聡羽島市長より来賓挨拶をいただいた後,平成29年度の取組み紹介として,地域志向学プロジェクトの成果報告,地域コーディネーターの活動報告,次世代地域リーダー育成プログラム上級段階科目受講生による活動報告,COC+参加大学(中部学院大学,日本福祉大学)の学生による活動報告がありました。

 続いて「元気な地域をつくるために~それぞれの立場でできること~」をテーマに,岐阜県出身であるフリーアナウンサーの草野満代氏をお招きし,トークセッションを行いました。トークセッションには,地域代表として松井聡羽島市長,学生代表として次世代地域リーダー育成プログラム修了生(教育学部4年),大学代表として福士秀人理事・副学長が登壇し,草野氏の進行のもと,それぞれの立場から地域に対する思い,貢献できることなどを語りました。

 今回のシンポジウムでは,学内関係者に加え,岐阜県内自治体,他大学からの参加があり,学内外に向けて本学の成果を広く発信することができました。

修了証書・称号授与式
次世代地域リーダー育成プログラム 修了証書・称号授与式
修了証授与式後の集合写真
修了証授与式後の集合写真
松井聡羽島市長による来賓挨拶
松井聡羽島市長による来賓挨拶
トークセッションの様子
トークセッションの様子

2018.04.18

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク