お知らせ

平成28年度「特別研究員等審査会専門委員(書面担当)」審査委員表彰を受賞しました

 本学工学部 能島 暢呂教授が,独立行政法人日本学術振興会から平成28年度「特別研究員等審査会専門委員(書面担当)」審査委員表彰者に選考されました。
 独立行政法人日本学術振興会は,学術研究の将来を担う研究者の養成・確保を目的とした特別研究員事業及び学術研究活動のグローバル化や研究者の国際流動性の促進を目的とした国際交流事業を行うため,審査結果の検証を行い,その結果を翌年度の専門委員及び書面審査委員の選考に適切に反映しています。また,平成21年度から,検証結果に基づき,書面審査において有意義な審査意見を付した専門委員等を表彰しており,書面審査を行った約1,500名の専門委員のうち、表彰対象となる任期2年目にあたる約600名の中から158名を選考されました。その中の1名として本学では工学部 能島 暢呂教授が表彰となりました。
 表彰式は8月17日(木)に学長室にて行われ,森脇学長から能島教授に表彰状が手渡されました。
 森脇学長からは,「大変名誉なことであり,また,今後も引き続き頑張ってほしい」と祝いの言葉がありました。能島教授は「第1段の書面審査はすべての審査の基盤になるため,分野が専門外のところもあったが,自身にとっても勉強になった。」と述べました。表彰後は森脇学長と能島教授のあいだで,審査制度や適切な審査方法といった話題について,終始和やかな雰囲気のもとで懇談が行われました。

290817_01.jpg
授与の様子(左から,森脇学長,能島教授)
290817_02.jpg
記念撮影の様子

2017.08.23

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク