お知らせ

医学教育開発研究センター(MEDC)で第65回医学教育セミナーとワークショップを開催しました

 医学教育開発研究センター(MEDC)は,7月21日(金)から3日間にわたり,第65回医学教育セミナーとワークショップを開催しました。計9つのワークショップとセミナーを実施し,全国各地から総勢170名の参加者・講師が集りました。
 今回は,事務研修、臨床と結びつけた医療人類学,模擬患者参加型教育等、多様なワークショップが企画されました。このうち,WS-1「IPEを学ぶオンラインコース+ワークショップ」は,オンラインコースとして2ヶ月前から開始されており,ワークショップにおいて参加者が顔を合わせ,多職種連携しながら教材を作成するという教育者も連携を体験しながらの新しい試みのワークとなりました。
 セミナーには金沢医科大学の高村昭輝先生を迎え,『「Community-based Medical Education :Longitudinal Integrated Clerkships」教育資源としての地域』をテーマにご講演いただきました。
 MEDCでは,医学教育共同利用拠点として我が国の医療者教育の普及・開発・向上に寄与すべく,年4回「医学教育セミナーとワークショップ」を開催しています。

 次回、第66回は10月14日(土)・15日(日)の2日間、岡山大学にて開催予定です。

講演する高村昭輝金沢医科大学講師

2017.08.10

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク