国際交流

卒業後の在留資格変更について

English Web Page

卒業後の在留資格変更手続き

 留学生が卒業後も引き続き日本に在住する際には,すみやかに在留資格の変更を行ってください。在留資格以外の活動を行う者は処罰の対象になります。そのため残っている「留学」ビザのまま日本に滞在し続けることはできません。

卒業後日本で就職する場合

 現在の「留学」の在留資格を「技術」,「人文知識・国際業務」等就労可能な在留資格に変更することが必要です。資格変更の必要書類等は,入国管理局に問い合わせてください。

卒業後日本で引き続き就職活動を行う場合

 現在の「留学」から「特定活動」へ在留資格を変更する必要があります。この「特定活動」ビザは,6か月間,又は更新手続きを行って最長1年間は日本に滞在して,就職活動をすることができます。「特定活動」へ資格変更を希望する学生は,所属学部・研究科に問い合わせてください。

在留資格変更の手続きに関しては,入国管理局に問い合わせてください。

名古屋入国管理局 TEL:052-559-2150

名古屋入国管理局 岐阜出張所 TEL:058-240-6168

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク