国際交流

その他の国際協力

English Web Page

ユネスコスクール

岐阜県下の学校へのユネスコスクール普及と加盟申請サポート

 岐阜大学は、2011年にユネスコスクール支援大学間ネットワーク(ASPUnivNet)に加盟し、岐阜県・岐阜市の教育委員会や岐阜県下のユネスコ協会、その他関係機関と連携しながら、県下のユネスコスクール拡大に取り組んでいます。ユネスコスクールとは、人権、民主主義、異文化理解、環境教育等の地球規模の課題解決に向けた質の高い教育の実践を通じて、ユネスコ(国連教育科学文化機関)の理想を実現する学校です。また、ESD(持続可能な開発のための教育)の推進拠点としても位置づけられています。

 現在、岐阜県下では2校(2013年12月現在)が加盟しており、それぞれ地域に根ざした特色のある活動を行っていますが、そのほかにも、持続可能な開発のための教育(ESD)に繋がるような活動を行っている学校は数多くあります。2013年度は、県下の学校を対象とした研修会の開催に加え、人権教育・国際理解教育等の活動実績のある学校を訪問し、ユネスコスクールについての説明を行うことで、①各学校が、その特色・実績を生かしてユネスコスクールに加盟すること、②ユネスコスクール加盟が、そうした活動をさらに発展させるきっかけとなることを目指しています。

 

ユネスコスクール支援内容

平成25年度岐阜県下ユネスコスクール研修会を開催しました(平成25年8月19日)

【テーマ】  『ESDに対する理解を深め、ユネスコスクール加盟を目指す』

【目 的】  ESDの実践について参加者の視野を広げ、具体的なイメージを持たせるとともに、ユネスコスクール加盟に向けた具体的な方策について提示する。

【日時・場所】 平成25年8月19日(月)於:岐阜大学サテライトキャンパス

【対象】   岐阜県下の初等中等教育機関 他

【内容】 講演1 東京都立江東区八名川小学校  黄地健男 先生「江東区立八名川小学校の取組み」

講演2 岐阜市立長森南小学校 野原清春 先生 「ユネスコスクールへの道」

岐阜大学のESD活動および学内資源の紹介 (岐阜大学学生団体「ESDクオリア」他) 

岐阜県下ユネスコ協会の活動紹介(岐阜県ユネスコ協会、大垣ユネスコ協会)

★当日は、岐阜県下の小・中・高等学校関係者を中心に約30名が参加し、初回である昨年度の参加者アンケートで要望のあった、他県の先進事例をはじめとする講演や活動発表を熱心に聞いていました。研修会後には、参加者同士でそれぞれの所属校における課題について意見交換を行う様子も見られました。研修会後のアンケートでは、大半の回答者が「ESD・ユネスコスクールについて理解が深まった」と回答しており、本研修会の開催を通じて、参加者のユネスコスクールへの関心の高まり及びESDの理解の深まりに、ある程度貢献できたと考えます。

   unesco_trainning1  
   熱心に話を聞く参加者
unesco_trainning2
学生団体「ESDクオリア」による発表


本学の紹介と今後の支援

●申請書作成を支援: 申請時のネックとなる、英語による加盟申請書の作成を、教育学部英語教育科の教員が中心となり支援します。

●ESD活動支援: 岐阜大学には、環境教育や郷土教育、国際理解教育に利用可能な資源が数多くあります。要望に応じて、教員や留学生の派遣も行い、県下の学校のESD活動を支援していきます。

岐阜地域留学生交流推進協議会

 岐阜地域留学生交流推進協議会は、岐阜県内における留学生の円滑な受入れの促進と交流活動の推進を図るため設置され、事務局は岐阜大学グローカル推進本部にあります。

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク