学部・大学院

応用生物科学研究科

応用生物科学研究科

 応用生物科学部の教育と研究を通して,人類の幸福,とりわけ人類の持続的生存と生活環境の向上に貢献すること,また,生物科学・生命科学の学理と技術を生物産業に応用することを目指します。これらの目標に向けて,「食の安全と安定供給」,「自然や生活環境の修復と保全」,「高機能食品の開発と健康の増進」に関する高度専門職業人を育成するとともに,中部圏をはじめ日本の広範囲にわたる地域やアジアなどの近隣諸国で活躍できる人材を養成します。
 応用生物科学研究科では,学部で基礎となる学理やジェネラリスト教育を受けた学生を対象に,一歩進んだ専門的な学理や技術を修得したスペシャリストの育成を行います。
 また,博士課程進学を希望する学生諸君のために,連合農学研究科が設置されています。

修士課程 応用生命科学専攻 コース 分子生命科学,食品生命科学
生産環境科学専攻 応用植物科学,応用動物科学,フィールド生態学,生態環境管理学

専 攻

応用生命科学専攻

生物科学・生命科学・食品科学・環境科学などの教育と研究を通して,その学理と技術を食品科学及び生命科学関連産業に応用し,社会の発展に貢献することを目指しています。これらの目標に向けて,食品関連産業,医薬品・健康関連産業,化学工業関連産業,環境関連産業などで高度な技術を持って活躍できる人材,国内外で,食・健康・環境に関する問題を解決するために活躍する人材を養成します。

生産環境科学専攻

農業・食料・環境に関する高度な知識と技術を有し,これらの分野に関連する産業・行政・研究機関などで活躍できる人材,並びに国際的な場で食料問題,生物環境問題の解決に貢献できる人材を養成します。持続可能な生物生産,先進的な生産技術や保全技術の開発や,自然環境の保全・修復や農林業の健全化などの研究を通して高度な専門教育を行います。

教育内容

シラバス 教員紹介
Webシラバス(講義情報検索)へリンクしています。(別ウィンドウで開きます) 教員検索ページへリンクしています(別ウィンドウで開きます)

アイコンの詳細説明

  • 内部リンク
  • 独自サイト
  • 外部リンク
  • ファイルリンク